セレブレーションオブラブwithフランクリン・グラハムについて

  • 2015.12.06 Sunday
  • 23:59

右のリンク先に下記の様なブログ主のコメントがあった。

引用始め

私たちは、その大会で決心したり求道を始めたりした方々へのフォローアップのために、祈っています。フランクリンは単なる器です、器に注目して、彼を使った神の働きをおろそかにしたくありません。


引用終わり


彼の働きやその関係団体が不完全ながら主の働きをされている事は事実でしょう。

他の国々に伝道集会を開いても何も私は思いません。


しかしながら、この日本ではどうでしょうか。


相変わらず福音派だのペンテコステ・カリスマ派だの社会派だのリベラルだの、そんなヒマがあったのなら、もっと真の意味で一つにまとまった方が、遙かに主が喜ばれる事ではないのだろうか。


遅々として進まない1%の壁を破る為に、キリスト教界はどうしたら良いのかを考えるべき時が以前から来ているとしか思えない。


そんなフォローもないがしろにし、ただ外国人の、しかもクリスチャン以外の日本人がほぼ誰も知らない、外国人の伝道者に頼まなければならないのだろうか?


そんなフォローも無いと言っても良い一時的な伝道よりも、地域教会が一丸となって伝道や祈りを共にした方が、絶対に主がより喜ばれるとは思わないのだろう。


ただ福音を伝えればあとは主が実を実らせるとでも言うのだろう。確かに種蒔きは必要だがフォローがどの程度出来ていたのだろうか。


相も変わらず昔ー戦後ーや米国式の伝道方法を真似てばかりいて、日本式の伝道がなされていない。


以前に見た言葉を最後に記そう(概要)。


「外国の十字架は固い。しかし日本には日本の木の十字架があるはず。それを見い出すまでは日本人には浸透しないだろう。」

スポンサーサイト

  • 2019.05.06 Monday
  • 23:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    世界時計

    栄光の奥義 ジェシー・ペンルイス&アンドリュー・マーレー キリストの十字架


    手話あいランド きいろぐみ

    手話

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • キリスト教系異端及び異端と考えられる教団・教派・グループ
      Grapes (05/06)
    • キリスト教系異端及び異端と考えられる教団・教派・グループ
      raptってどうですか? (11/09)
    • クリスチャン及びキリストを受け入れたとされる人々
      Grapes (08/02)
    • 宗教にすがる有名人(信者とみられる人も含む)ー日蓮正宗
      サッチー (12/17)
    • クリスチャン及びキリストを受け入れたとされる人々
      健さん (11/28)
    • 日本のプロテスタント系教派別教団、教派、教会、集会グループ(聖公会及び異端団体を除く)
      ぽんた (03/29)
    • 日本のプロテスタント系教派別教団、教派、教会、集会グループ(聖公会及び異端団体を除く)
      ぽんた (03/29)
    • クリスチャン及びキリストを受け入れたとされる人々
      Grapes (02/09)
    • クリスチャン及びキリストを受け入れたとされる人々
      にょろも (02/07)
    • キリスト教系異端及び異端と考えられる教団・教派・グループ
      及川さんか (05/21)

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM