スポンサーサイト

  • 2017.08.12 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    みことばの宣言

    • 2011.07.06 Wednesday
    • 00:00

    昨夜、と云うよりも今日5日未明、2時にあと数分でなろうとしようとしていた時に夢を見た。

    それは何故か自分が、カトリックらしい司祭か何かになって、多くの司祭に反対を受け、まるでガリレオかルターの様に、上司らしい人物、司教か誰かに呼び出され様としているところであった。しかし会見直前に、聖書のみことばを聖霊の力によって宣言し続けたら、他の司祭達さえ賛同し変わっていった・・・。そこで、目が覚めた。

    これは何かの暗示なのかどうかかは知らないが、みことばには力がある事には違いないとの確信みたいなものは得られ確認出来たと思う。

    祈り

    • 2011.04.15 Friday
    • 13:24

    主イエス・キリストよ
    貴方の愛の姿へと私を造り変えて下さい。
    私を、和解を求める柔和な愛で満たし、
    私が真に神の子であるという事が示されます様に。
    他の人の過ちを赦す愛、
    人をねたんだり、批判したりしない愛をお与え下さい。
    貴方が私を赦される様に私も他人を赦し、
    絶えず和解を求める愛を下さい。
    限り無く赦す愛を私に与えて下さい。
    争いが無くなり、人々が一致するその日まで。
    赦す事の出来る愛に私を導いて下さい。
    敵対する人を慈悲深く受け入れる愛に。
    貴方の御心に従って、敵をも祝福する愛をお与え下さい。
    打たれれば、もう一方の頬(ほほ)を向ける愛、
    不正に忍耐と謙遜を以(も)って耐える愛を与えて下さい。
    敵対する人のうちにも良いところを見い出し、
    貴方の様に敵を愛するその愛をお与え下さい。
    主イエス・キリストよ、
    愛を求める私のこの祈りを聞き入れて下さい。
    貴方はゴルゴダの丘で苦しみを受け、
    私の為に愛を勝ち取って下さったのですから。 アーメン

      マザー・バジレア・シュリンク 「和解への道」チラシ(?)より 

    今回の地震を通して(後)

    • 2011.03.17 Thursday
    • 01:16

    今年の目標の一つである、「基本に帰る」。ようやく今回の地震を通して、長い眠りから覚めた感じがする・・・・。チョット情け無い・・・・。いや、かなり重症かも。。。。
    内外にある仕分けをして、心身共にスッキリしたいものだ。

    ちなみに、私の所は未だに停電にはなっていない。

    主よ、御名を崇め褒め称えます。例え、停電になったとしても、いつもあなたが共に居て憐れんで下さり、主の御名だけが褒め称えられます様に。栄光が現わされます様に。そして内外にある仕分けをあなたから知恵をいただき、実行出来ます様に。あなたとの交わりが疎外されるものは全て、捨て去る事が出来ます様に。私自身では仕分けが出来なくとも、あなたが聖霊で満たして下さり、なして下さいます様に御願い致します。主よ、ただ、あなたにだけ頼り切る事が出来ます様に。自分自身を聖霊に導かれ、主に100%明け渡す事が出来ます様に。十字架に付けられ、主御自身が溢れ出ます様に。ますます低くされます様に。主よ、あなたに期待します。ハレルヤ!

    今年の夏は・・・・

    • 2010.08.13 Friday
    • 17:37

    時々梅雨に戻った様に雨が降り、曇りの日もなんと多い事か。夜は涼しく(羨ましい?)まるで秋の様な気配を漂わせている。ちょっと足を伸ばせば林、森がありそこでは例年よりはヒグラシが多く鳴いている。

    今年は確かに個人的にも世界的にもターニングポイントの年である。


    私は神の子とされ、主によって贖われ買い取られた者です。雀やカラスでさえ父の許しが無ければ地に落ちる事はなく、まして肉の親が子を心配する様に、天の父も私を養い必要なものは必ず与えて下さるお方。それはただ主によりすがり、私を憐れまれるお方。「主よ、憐れんで下さい」とただ叫び、何があっても頼ろうとする事。
    私の信仰ではなく、ただ主のものとされ、十字架の血潮を浴び清められ、新生し内住のキリストを宿した者として、キリストの信仰にただすがるしか無い。
    適当な時に、主は与え取られるお方。ブドウの木につながった私を剪定されるお方。

    どうか全ての事を通して、主の御名が崇められ栄光が褒め称えられます様に。

    P1000677.jpgP1000678.jpgP1000679.jpg

    家族

    • 2010.03.04 Thursday
    • 02:30
    ビオラ(ヴィオロン)さんが再び家族の事を書いている。
    彼女の家族の事を知る由もないが、彼女に比べればかなり幸せのハズであるにも関わらず、どうしても埋められない心の空虚感は否めない。

    私もその埋められない心の空虚感を別のもので穴埋めしようとしていたし、今もかなりその度合いが強いと感じ反省しているものの、ほとんど言動は変わらずである。

    家族であるが故に主以上に頼ってしまい、家族には未だに迷惑をかけっばなしである事が情けない。


    今、主よ、私を十字架の道に歩ませ、聖霊により私の「自分」を十字架に付け、まな板の鯉として捧げ死に、キリストの力により復活し、キリストの香りを放つ事が出来ます様に。アーメン。

    自立

    • 2010.02.25 Thursday
    • 23:59

    「本当の弱さを、自分のものとする強さが私もほしい」
    「葡萄は自分では立てないからこそ他の何かに掴まってのびていくもの」

    これは、真の自立とは主への依存であるという意味合いで真実ですね。

    そして、「依存するもの」「されるもの」という関係性より、それはひとつのまことの葡萄の木であるという「いのちの共有制」の中にさらに深い真理があります。

    上記はSaltさんのブログより転記しました。
    e姉の証詞にもあったけど、どれだけ「自分」が自分を支えているんだろうか・・・・。
    私なんか今想像以上に「自分」に頼っているのかもしれない。

    主よ、私を憐れみ十字架の道を、主と共に歩ませて下さい。十字架を知らないうちに拒否をしていたのなら、十字架をもっと知り十字架によって霊的に魂を否み死ぬ事がなされますように。アーメン。

    ハイチ大地震

    • 2010.02.13 Saturday
    • 11:01
     一昨日木曜日だっただろうか、ハイチ大地震の死者が20万人を超えるらしいとか・・・・。

    2004年12月26日日曜日のスマトラ沖地震による津波の死者よりも多くなるだろうとの事。

    ・・・ピラトがガリラヤ人たちの血をガリラヤ人たちのささげるいけにえに混ぜた(とともに流した)というのである。・・・「そのガリラヤ人たちがそのような災難を受けたから、ほかのどのガリラヤ人よりも罪深い人たちだったとでも思うのですか。そうではない。わたしはあなたがたに言います。あながたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。また、シロアムの塔が倒れ落ちて死んだあの18人は、エルサレムに住んでいるだれよりも罪深い人たちだったとでも思うのですか。そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じようにほろびます。」
                 ルカ13:1〜5

    おお主よ、わたしはなんと自分のしたいことだけをし、やらなければならないことを後回しにしてしまう、愚かな者なのでしょう。気付いていてもどうしようも出来ない者なのです。
    ですから今この瞬間に、あなたを呼びキリストの中にとどまります。その中で憩います。どうか十字架の中にとどまらせて下さい。あなたに完全に明け渡します。あなたがわたしの主、神ですから私の人生はあなのもの、まな板の鯉ですので、自由になさって下さい。わたしの人生を導いて下さり、あなたの栄光だけが崇められ、褒め称えられますように、告白し宣言します。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    世界時計

    栄光の奥義 ジェシー・ペンルイス&アンドリュー・マーレー キリストの十字架


    手話あいランド きいろぐみ

    手話

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM